スタンド名「ぐぬぬぬ」

最新のニュースの反応を5chとヤフーニュースからまとめているよ。

2021年11月

野球のバントのイラスト(男性)
大物の参入も相次いでいる元プロ野球選手によるYouTubeだが、本当に多くの視聴者の心を掴んでいるのは誰なのか。

「YouTubeが面白い元プロ野球選手」のベスト10の発表!


(中略)


5位 ウォーレン・クロマティ 8.5%
クロマティチャンネル Cromartie Channel (チャンネル登録者数 4.1万人)

5位は読売ジャイアンツで強打の外野手として活躍したウォーレン・クロマティ。レジェンド対談、エピソードトークを中心に展開されている。
ケン・グリフィー・ジュニア、王貞治、秋山幸二、トリー・ハンター、レオン・リーなど他チャンネルには登場しない大物ゲストも出演。


4位 デーブ大久保 10%
デーブ大久保チャンネル(チャンネル登録者数 26.8万人)

4位は西武ライオンズ、読売ジャイアンツでキャッチャーとして活躍し、東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を務めたデーブ大久保。野球解説動画、レジェンド対談、エピソードトークを中心に配信している。


3位 上原浩治 10.5%
上原浩治の雑談魂(チャンネル登録者数 40.1万人)

3位は読売ジャイアンツのエースやクローザーとして活躍し、MLBではワールドシリーズ胴上げ投手となった上原浩治。野球解説動画、エピソードトーク、ゲスト対談、ゲーム企画をメインに配信を行っている。
読売ジャイアンツ、ニューヨークヤンキースで活躍した松井秀喜が初めてゲスト出演したYouTubeチャンネルが上原のチャンネル。

2020年12月1日に公開された元読売ジャイアンツの高橋由伸との対談企画は275万回再生をされている。
このチャンネルには過去に「プロ野球戦力外通告」「バ—スデイ」に関わった放送作家の谷田彰吾が制作に携わっている。


2位 里崎智也 11.5%
Satozaki Channel(チャンネル登録者数 48.8万人)

2位は元千葉ロッテマリーンズでキャッチャーとして活躍した里崎智也。
元東北放送アナウンサーの袴田彩会をアシスタントに迎え、野球解説動画、生配信、ドッキリ企画、ゲーム企画、ベストナイン、ドラフトなど野球という括りの中でありとあらゆる角度から攻めた内容の動画を配信している。

プロ野球全試合をくまなくチェックするという里崎が細かく解説、野球ファンの支持を集めている。
アシスタントの袴田はアシスタント就任以降、さまざまな野球関連動画や企画に呼ばれる機会が増え、2021年スポーツナビが実施した「好きなスポーツアナウンサーランキング・女性編」で1位に輝いた。


1位 新庄剛志 14%
新庄劇場(チャンネル登録者数 非公開)

1位は阪神タイガース、北海道日本ハムファイターズで活躍、MLBで日本人初の野手となり、ワールドシリーズに出場した初の日本人でもある新庄剛志。2022年から北海道日本ハムファイターズの監督に就任する。
「ただただYouTubeを楽しむチャンネル‼あげたい時にあげる!」をテーマにスタートした新庄劇場は、プロ野球OBYouTubeチャンネルに中では異質。グルメ動画、マジック披露、美容など野球とはあまり関係ない内容を中心に配信している。

また、「新庄剛志ライフストーリー」という自身の半生を語る企画では、さまざまな困難に直面しながらもポジティブに生きてきた彼の生き様が伺うことができる。
特に新庄が子供たちに野球指導した動画において、「バットを持って構えるときはリラックスして構える。傘を持つ体勢を参考に」「速く走るときは、脚は前に上体を反らないこと」といったわかりやすいアドバイスを行い、丁寧に優しく明るく指導するコーチングが高い評価を受けた。

※チャンネル登録者数は11月20日現在


今回アンケートを実施した期間が日本ハムファイターズの来季監督就任の第一報が流れた直後であり、注目度が高まったことが後押しした結果となった。


ランキング

1位 新庄剛志 14%
2位 里崎智也 11.5%
3位 上原浩治 10.5%
4位 デーブ大久保 10%
5位 ウォーレン・クロマティ 8.5%
6位 古田敦也 7%
7位 藤川球児 6.5%
7位 高木豊 6.5%
9位 川上憲伸 5.5%
10位 アレックス・ラミレス 5%

11位 清原和博 4.5%
11位 片岡篤史 4.5%
13位 板東英二 3.5%
13位 佐々木主浩 3.5%
13位 岩本勉 3.5%
16位 藪恵壹 3%
17位 石毛宏典 2.5%
17位 川藤幸三 2.5%
17位 谷繫元信 2.5%
20位 鈴木尚広 2%
20位 森本稀哲 2%
20位 高橋慶彦 2%
20位 小田幸平 2%
(複数回答)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3da05d1160f3f6a1189eaeec495d5dbe4d539110?page=1
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

立っている白バイ隊員のイラスト(女性)
全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/26d2913192a72b6ef3a2ccaff3e453408896f7c7

日産リーフ
https://kuruma-news.jp/wp-content/uploads/2019/07/20190725_leaf_007.jpg

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638247959/


ガソリン車と比べて、残価率の低いEV
クルマを購入する際、多くの人が気にするのが、そのクルマが将来どのくらいの価格で売れるのかという点、つまりリセールバリューです。
 
しかし、今後ますます増えてくると考えられている電気自動車(EV)は、それほどリセールバリューが期待できないといいますが、そこにはどんな理由があるのでしょうか。

近年では残価設定ローンを利用するユーザーが増えているということもあり、ますますリセールバリューへの関心が高まっています。

残価設定ローンは、販売店(メーカー)が将来の買取価格を保証することで、ユーザーは車両価格からその買取価格を差し引いた部分に金利を加えた金額を支払えばよいというものです。

例えば、3年後に車両価格の50%で買取を保証されている車両価格300万円のクルマの場合、ユーザーは150万円に金利を加えた金額を3年間で支払えば良いことになり、車両価格に対して将来の買取保証額の割合を残価率と呼びます。

この残価率は、中古車市場でのリセールバリューを反映して決定されるため、残価設定ローンを利用するかどうかにかかわらず、残価率の高いクルマを知ることは大きなメリットがあります。

残価率が高いクルマの例として挙げられるのがトヨタ「ランドクルーザー」です。すでに生産が追いつかない状態の新型ランドクルーザーですが、3年後の残価率は70%、5年後でも56%におよびます(ガソリン車)。

ほかにも、トヨタ「ハリアー」や「ヤリスクロス」など、近年人気の高いSUVは残価率(=リセールバリュー)が高い傾向があるようです。

一方、自動車業界としては、今後電動化のトレンドがより加速すると見られており、その中心にあるのはEVです。

近年でも国内外の多くのメーカーがEVをラインナップするようになるなど、徐々にシェアを高めているEVですが、リセールバリューについてはあまり期待できないといわれています。

例えば、これまでもっとも販売されたEVのひとつである日産「リーフ」の残価率は、5年後で25%(3年の残価設定ローンは設定無し)。

ランドクルーザーは別格ですが、一般的なクルマであれば5年後でも30%前後で設定されていることが多いなかで、25%という数字はやや低いものといえます。

また、2020年に発売した「ホンダe」では5年後の残価率を計算すると13.3%になるとみられ、これはホンダにとってEVの販売実績がないため、将来の買取価格を予想しづらいことを差し引いても、かなり低い数値といえます。

EVのリセールバリューの低さはバッテリーの劣化にあり?
では、なぜリーフやホンダeのリセールバリューは、ガソリン車に比べて低くなってしまうのでしょうか。

しかし、EVが持つもっとも根本的な課題はバッテリーの劣化です。

採用例の多いリチウムイオンバッテリーは、充電を繰り返すことでバッテリー内のイオンが減少するなどの理由で、使用すればするほど劣化してしまうことが避けられません。

バッテリーの劣化については、スマートフォンの例がよく知られています。一般的に、スマートフォンのリチウムイオンバッテリーは500回程度の充電で、その容量は50%から70%にまで劣化してしまうようです。

つまり、2年程度使用していると、明確にパフォーマンスの低下を実感することになります。

もちろん、ガソリン車も経年劣化によってパフォーマンスが低下することは考えられます。

しかし、故障していないにもかかわらず、新車に比べて航続可能距離が大きく減ったり、燃費や加速性能が大きく劣化したりということはまずありません。

一方で、バッテリーの劣化を解決するためには、バッテリーそのものを新品交換するなどの方法が考えられます。

実際、日産ではリーフのバッテリー交換プログラムを2018年から用意していますが、30kWhのもので80万円の費用がかかるなど、気軽に交換できるものとはいえません。

このように、バッテリーの劣化という大問題によって、EVのリセールバリューが低くなっているのが現状です。
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ユーフォニアムを演奏する女性のイラスト(大人の吹奏楽)
「2ちゃんねる」開設者のひろゆきこと西村博之氏が30日までに、自身のツイッターを更新。タワーマンションを資産として所有する際のリスクについて私見を述べた。

 ひろゆき氏は、都心のタワーマンションの修繕積立金が値上がりしているという内容のネット記事を引用し、「タワーマンションを資産として考えてる人もいるようですが『大規模修繕にいくらかかるのか、誰もわからない。』という事実を無視してる人が買ってる気がします」とツイート。

 さらに、「30年後に修繕する材料費や人件費や工法がわからないまま買わされてるんですよね。。売る側もぼやかしますし」と記した。
 
スポーツ報知 11/30(火) 20:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/8df66c6e41e311da5387ce56189406bdcd43f59b
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

空振りをする野球選手のイラスト(女性)
男子テニスの世界ランキング47位・錦織圭(31=日清食品)は30日、スポンサー契約を結ぶJALのイベントに参加し、子供向けのテニススクールとトークショーを行った。

 質問コーナーで小学生から「今、一番感謝したい人は?」と問われると「まずは産んでくれたお母さんに優しく接することを心がけましょう」と話した。さらに「親になって分かりましたが、子供の世話ってすごく大変なんですよ。お父さん、お母さんに感謝して過ごしてください」と自身の両親への感謝も込めて回答した。錦織は5月17日に妻・山内舞さんが第1子を妊娠したことを公表していたが、この日に改めて「パパ」になったことが明かされた。また、今年の漢字1文字を問われると、色紙に「先」を書いて「これからもなるべく先をどんどんいきたい」と語った。

 一方、メディアからは「海外で活躍する日本人」について質問が飛んだ。当然ながら「最近で言えば大谷君」と、米大リーグで大旋風を巻き起こすエンゼルス・大谷翔平投手について言及。しかし、ここからが錦織らしかった。

「ちょっと僕はあまり野球が詳しくないので、どれくらいすごいのか分からない。でも、アメリカでも騒がれているので、すごいんだろうなって感覚ではいるんですけど…」

 まさかの回答に会場は笑いに包まれた。その後、ゴルフの松山英樹、石川遼の名前を挙げてて「刺激をもらっています」と語り、元サッカー少年として「W杯予選は朝早く起きて見ていました。伊東純也、すごいな」と絶賛。どうやら��二刀流�≠ヘケイの辞書に載っていなかったようだ。

東スポ 11/30(火) 20:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e07e7f4abff5f088b50cb452524b9b8073b7e52

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211130-03831182-tospoweb-000-4-view.jpg?pri=l&;w=409&h=640&exp=10800
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クロスワードパズルを解く人のイラスト(おじいさん)
2021年を代表する言葉(日本語)で、今後の辞書に掲載されてもおかしくないものを発表する『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2021」』選考発表会が11月30日、都内で行われ、大賞には「落ち着く」を意味する「chill out」の「チル」を形容詞化した「チルい」が選出された。

【画像】時代を象徴する今年の“新語”大賞トップ10
https://contents.oricon.co.jp/cdn-cgi/image/width=750,quality=85,format=auto/upimg/news/20211130/2215624_202111300120089001638273898e.jpg

 「今年の新語」は一般公募などで寄せられた候補の中から辞書編纂(さん)のエキスパートたちが選定。選ばれるのはあくまで「今年広まったと感じられる新語」で、必ずしも「今年生まれた言葉」とは限らないため、その年話題となった新語・流行語を決める『ユーキャン新語・流行語大賞』とは一線を画する。

 5位に「人流」、6位に「ウェビナー」、9位に「おうち〇〇」がランクインするなど、昨年同様にコロナ禍に伴う新語もトップ10入りを果たした。選外として「じゃないほう」「鼻マスク」「黙食」の3つが選ばれた。

■『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2021」』トップ10
大賞:チルい
2位:〇〇ガチャ
3位:マリトッツォ
4位:投げ銭
5位:人流
6位:ウェビナー
7位:ギグワーク
8位:更問い
9位:おうち〇〇
10位:Z世代
選外:じゃないほう、鼻マスク、黙食

オリコンニュース 11/30(火) 19:21
https://news.yahoo.co.jp/articles/9017159548c8a24ba2f040ed5d0cd37168d8e41d

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211130-00000411-oric-000-12-view.jpg?pri=l&;w=640&h=427&exp=10800
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ