スタンド名「ぐぬぬぬ」

最新のニュースの反応を5chとヤフーニュースからまとめているよ。

2021年07月

きつね拳のイラスト(じゃんけん)
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1182db760f996f31ee93fa609eda364ed8ab59a

 東京オリンピックの男子サッカーは7月31日、準々決勝の4試合を開催。県立カシマサッカースタジアムでは、U₋24日本代表対U₋24ニュージーランドの一戦が行なわれ、PK戦の末に日本が勝利を収めた。

 2大会ぶりの4強進出を目指した日本は、グループステージ最終戦のフランス戦から先発3名を変更。出場停止の酒井宏樹に代わり橋岡大樹を起用。その他、左MFには相馬勇紀、1トップには林大地が起用された。

 試合は日本が主導権を握り、後方からのビルドアップでニュージーランド陣内に押し込む展開。しかし、10分に遠藤航が、30分には堂安律がダイレクトで狙うも、いずれも枠を捉えきれず。逆に35分にはニュージーランドに押し込まれ、右サイドからのクロスを警戒していたクリス・ウッドにボレーで合わせられるなど、ピンチの場面も。前半は0-0で終了した。
 
 迎えた後半、日本は選手交代なくスタート。立ち上がりこそ、攻勢に出るも徐々にニュージーランドに対する守備がハマらなくなり、ボールを支配される時間帯も出てくる。

 日本は68分、林に代えて上田綺世、相馬に代えて中山雄太を投入。前線の顔ぶれも変えてリズムを引き寄せにかかるが、ニュージーランドの堅守を破る糸口を見出すことができない。

 80分過ぎには日本にビッグチャンス。堂安が仕掛け中央へ折り返すと待ち構えた上田が右足で合わせる。しかし、これは相手GKの好守に阻まれゴールならず。結局、90分では決着がつかず、試合は延長戦にもつれ込んだ。

 日本は、田中碧に代えて板倉滉、旗手に代えて三笘薫を投入して延長前半をスタート。日本は三笘にボールを集めてチャンスを創出。左サイドでのボールキープからタイミングの良いパスワークでニュージーランドを押し込んでいく。しかし前半は得点には至らず、スコアレスで終了した。

 延長後半、日本は堂安に代えて三好康児を投入してスタートする。立ち上がり、日本は自陣でFKを与えると、そのこぼれ球を至近距離から相手にボレーで打ち込まれるが、吉田が足を出してブロック。なんとかピンチを逃れる。延長後半はチャンスを作れないまま終了し、勝負はPK戦に持ち込まれた。

 迎えたPK戦は日本が4-2で制した。8月3日の準決勝ではスペインと対戦する。

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627735858/
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

エネルのイラスト(ONE PIECE)
きょう東京都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は4058人だった。4日連続で3000人を超え、29日木曜日の3865人を上回り1日としては過去最多となった。(ANNニュース)
https://news.yahoo.co.jp/articles/756627b9e6ebc80ed433e08e841475aeb8edbbcb

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627734233/
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

琴を演奏している人のイラスト(男性)
東京五輪男子サッカー競技のベスト4が出揃った。

東京五輪準々決勝は31日に開催。U-24日本代表はU-24ニュージーランド代表と対戦。PK戦の末に下し、2大会ぶりのベスト4進出を決めた。
一方で、スペインとコートジボワールの戦いは激闘に。90分間を2-2で終え、ラファ・ミルのハットトリックなどで延長戦の末に5-2とスペインが勝利している。

また、前回王者ブラジルはエジプトを相手に攻めあぐねるも、1-0と辛勝。準決勝では韓国を6-3と一蹴したメキシコとの対戦が決まっている。

準決勝の組み合わせは以下の通り。

8月3日(火)
17:00 メキシコvsブラジル [カシマ]
20:00 スペインvs日本 [埼玉]

https://news.yahoo.co.jp/articles/84b88eee30954b37ac5ebc0496964ac6ba9d50c7?tokyo2020
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブラジルのサッカー少年のイラスト
東京オリンピック男子サッカー競技の準々決勝が31日に行われ、U−24韓国代表とU−24メキシコ代表が対戦した。

 グループBを首位通過した韓国と、グループAを2位で突破したメキシコの一戦。試合は11分にメキシコが先制する。左サイドからアレクシス・ベガがインスイングのクロスを送ると、ファーポストの近くにいたルイス・ロモが頭で折り返し、エンリ・マルティンが押し込んだ。

 韓国は20分に試合を振り出しに戻す。ペナルティエリア手前で受けたイ・ドンギュンは、ワンフェイクで寄せてきた相手を剥がし、左足を振り抜く。ミドルシュートはゴール右上に吸い込まれた。

 しかし30分、メキシコが勝ち越しに成功。ベガがピッチ中央からゴール前にピンポイントのロングフィードを供給。反応したロモは上手くボールを収めると、左足でゴール右下に流し込んだ。さらに39分、メキシコはセバスティアン・コルドバがPKを成功させてリードを広げる。

 2点のビハインドで折り返した韓国は50分、ペナルティエリア左からイ・ドンギュンが鮮やかなボレーシュートをゴール右上隅に突き刺して1点を返す。

 メキシコは54分、左サイドからコルドバが供給したフリーキックにマルティンが合わせて押し込み、すぐにリードを取り戻す。63分には、コルドバがペナルティエリアの手前で左足一閃。ゴール左上を狙った強烈なシュートは、クロスバーにも当たってゴールに吸い込まれた。

 さらに84分、メキシコがダメ押しの6点目を獲得。キレのあるドリブルで右サイドを切り裂いたディエゴ・ライネスがグラウンダーで折り返し、収めたエドゥアルド・アギーレが流し込んだ。

 韓国は終了間際にコーナーキックからファン・ウィジョが1点を返したものの、反撃は及ばず。試合はこのまま終了し、メキシコが韓国を下した。準決勝は8月3日に行われ、メキシコはU−24ブラジル代表と対戦する。

【スコア】
U−24韓国代表 3−6 U−24メキシコ代表

【得点者】
0−1 11分 エンリ・マルティン(メキシコ)
1−1 20分 イ・ドンギュン(韓国)
1−2 30分 ルイス・ロモ(メキシコ)
1−3 39分 セバスティアン・コルドバ(メキシコ)
2−3 50分 イ・ドンギュン(韓国)
2−4 54分 エンリ・マルティン(メキシコ)
2−5 63分 セバスティアン・コルドバ(メキシコ)
2−6 84分 エドゥアルド・アギーレ(メキシコ)
3−6 90+1分 ファン・ウィジョ(韓国)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5921dc23526e53c788de5d1f78bcd7bfd35ee84

★1が立った時間:2021/07/31(土) 21:57:04.53

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627736224/
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大人の指を握る赤ちゃんの手のイラスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/318873bc6f4f83b52d2ab51c3c9679627944de44

 バレーボール女子日本代表は31日、有明アリーナでオリンピック予選ラウンド第4戦に臨み、韓国と対戦した。初戦のケニア戦で負傷した古賀紗理那はその後2戦欠場したが、この試合はベンチ入り。スタートから起用された。

 スターティングメンバーは、古賀紗理那、田代佳奈美、石川真佑、荒木絵里香(主将)、林琴奈、山田二千華、リベロ・小幡真子。

 第1セット、日本が林、古賀の被ブロックなど5連続失点で3-7となったところで、山田を島村春世に交代。3-8でタイムアウトをとる。古賀が復帰後、初得点して5-9。5-10となったところで2枚替えで黒後愛、籾井あきがコートに入る。すぐに黒後が得点し、石川も決めて7-10。石川の連続ポイントで9-11となったところで韓国のタイムアウト。古賀のバックアタックで11-13とするが、荒木のブロードがキム・ヨンギョンにブロックされて11-14。島村のブロード、古賀のプッシュなどで15-18。その後も3点差がなかなか縮まらない。ヨンギョンの時間差が決まり、17-21となったところで日本は2回目のタイムアウト。終盤、韓国はヨンギョンにボールを集め、サービスエースも出て、セットポイント。最後はヨンギョンのフェイントが決まり、日本は19-25でセットを失う。

 第2セットは黒後、島村、籾井をスタートから起用。序盤から韓国のブロックに連続でつかまり、ヨンギョンが攻守に活躍して2-4とリードを許す。その後、追い上げた日本は石川のブロックで6-4とする。荒木がBクイックを連続で決めて、9-8。その後も一進一退の攻防に。12-10で韓国がタイムアウト。石川がスパイクやブロックで活躍して17-15。イ・ソヨンのスパイクがアウトになり、18-15となったところで韓国が2回目のタイムアウトをとる。タイム明け、黒後がブロックアウトで決めて19-15、荒木のBクイックで20-15と点差を離す。韓国のミスにも助けられ、最後は古賀の3連続得点で25-19でセットを取り返した。

 第3セットも第2セットと同じメンバーでスタート。序盤から競り合いとなるが、ヤン・ヒョジンのクイックなどで6-8と韓国に先行される。黒後がブロックでヨンギョンを止め、10-11。復帰の古賀が好調で一度13-12と一度逆転するが、再度韓国に逆転される。ロングラリーを韓国が制し、15-18となったところで日本がタイムアウト。タイム明けは石川の活躍で逆転し、20-19とするが、競り合いから抜け出せず、古賀がブロックされて21-22で日本が2回目のタイムアウト。その後もヨンギョンの硬軟織り交ぜた攻撃が止まらず、22-25で日本はセットを落とす。

 第4セット、日本は黒後、島村のブロック、荒木のサービスエース、石川のバックアタックで4連続ポイントし、4-1とリード。中盤も荒木のダイレクトスパイクやサービスエース、古賀のスパイクなどで16-10とリードを保つ。終盤は石川のスパイクで21-14、黒後のスパイク、荒木のプッシュで23-14とする。荒木が決めてセットポイント。最後は古賀のブロックで25-15として日本がセットを取り返し、フルセットに持ち込む。

 第5セットも序盤から競り合いになる。荒木のブロードで8-7となり、チェンジコート。直後に荒木がヨンギョンをブロックし、9-7となり、韓国がタイムアウトをとる。ヨンギョンのブロックで9-9と追いつかれるも、その後古賀の2連続得点で11-9となり、韓国が再びタイムアウト。その後、古賀のスパイク、島村のブロードなどで13-11。石川のスパイクで14-12と日本のマッチポイントとなる。しかし、パクジョンアとヨンギョンが決めて14-14のデュースに。石川のスパイクがアウトになり、14-15と逆転され、日本はタイムアウトをとるがタイム明けも韓国が得点し、14-16。大接戦を制することができず、惜敗した。

 日本のここまでの成績は1勝3敗。5位に転落した。次戦は予選ラウンド最終戦となり、8月2日、19時40分からドミニカ共和国と対戦する。
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627737347/
... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ